DREAM MAN

理想の自分を目指して・・・

糖質制限では痩せられなかったが、おにぎりダイエットでは痩せられた

time 2016/06/29

ここ数年、ダイエットといえば糖質制限が主流であり、実際に結果を出している人も多い。
ところが私の場合、なぜか思った以上に結果が出なかった。
3週間かなり本格的にやったにもかかわらず1kg程度の減量にとどまった。

この程度の減量ではモチベーションが続くはずもなく、元々糖質好きなこともあり、気がつけばまたもとの糖質メインの食生活に戻ってしまった。

そんな時にふと出会ったのが「おにぎりダイエット」だった。
音楽プロデューサーのつんくが数年前に提唱したダイエット手法で、数週間おにぎりだけ食べて過ごすというもの。
これをEXILEのメンバーが最近実践して結果を出している、との情報をネットで知り心動かされた。

つんくだけだったら絶対にやらなかった。
EXILEのメンバーがやっているから興味を持った。
特にファンというわけでもないが、あの健康そうで体の引き締まった連中がやっているのなら、説得力があると思った。

結果はすぐに出た。
糖質制限では3週間で1kgしか落ちなかったのに、おにぎりダイエットでは10日程で2kgストンと落ちた。

コンビニのおにぎりや手巻き寿司を1日5~6個食べただけなので、総カロリー摂取量は以前より少なくなり、痩せて当たり前かもしれない。

ただ通常のダイエットなら、痩せる過程において我慢やストレスが避けられないのに、このおにぎりダイエットではほとんどそのような苦痛を感じることはなかった。

空腹時に味わう白米は実に美味しく、その満足感を思う存分楽しみながら体重を落とすことができるこの「おにぎりダイエット」は、正に革命的である。

しかしよりによって、なぜ糖質のかたまりであるおにぎりばかりを食べて、すんなり体重が減るのだろう?

糖質制限理論によれば、空腹時に糖質をとるとせっかくの脂肪分解回路がストップしてしまうとのことだが、
実際は糖質のかたまりである米ばかりを食べても、スムーズに体重が減ったのだ。

最近読んだ本で、以下2人の女性がダイエットにおける米の重要性を訴えていた。

ダイエットコーチEICO
ダイエットアドバイザー柏原ゆきよ

二人とも正に私のタイプである大人のセクシーな女性で、非常に説得力があった。
こんな女性達が言っているのだから米はダイエットに有用であることは間違いない。

そこで今回、私の中ではダイエットに関して結論が出た。

糖質制限は確かに、心身ともに引き締まる素晴らしい理論だが、
「米は制限対象から外して良い」

つまり
テニス世界ランキング1位のジョコビッチが本で書いていたように
グルテンフリー(≒小麦排除)
が押さえるべきポイントなのだ。

sponsored link



sponsored link