DREAM MAN

理想の自分を目指して・・・

渋谷 日の出スポットにて

time 2016/01/31

SPONSOR LINK

 

渋谷に引っ越してから4年目の今年、久しぶりに初日の出を見ようと思い立った。

 

渋谷で日の出が綺麗に見られる場所はどこだろう?

 

昔読んだある本の中で、

デザイナーの山本寛斎が毎朝、代々木公園で日の出を浴びることを習慣にしていて、

それゆえに彼はとてもエネルギッシュなのだ、と書いてあったことを思い出した。

 

そこで、とりあえず代々木公園で初日の出をみることに決めた。

園内のどこで見るかは行ってから考えることにする。

 

2016年1月1日の日の出時刻は6時50分頃。

松濤の自宅マンションからは30分前に出れば十分に間に合う。

「ゆく年くる年」を見た後、6時に目覚ましをかけて眠りについた。

 

目覚ましが鳴ったとき

「行くのやめようかな・・・」

という気持ちに襲われたが、即座に

「ここで行くか行かないかが、2016年ひいては今後の人生の流れを大きく左右する。今この一瞬が人生の大きな分岐点なのだ」

と自分に言い聞かせ、体を奮い立たせた。

 

実際、外に出てみると頭がとてもスッキリしてきて、

「あの瞬間思い切って起きて良かった・・・」

と嬉しくなった。

 

渋谷で日の出を見るなら、少し高い所がいい。

そんな場所が代々木公園エリアにあるかといえば、あった。

代々木公園とNHKの間を東西に走る都道413号線の途中にある歩道橋だ。

あの辺りは渋谷の中でも標高が高く、更にそこから数メートル高さを稼げる歩道橋の上からなら、地平線が見えるかもしれない。

 

この場所に気づいたのは私だけかと思ったら、すでに数人先客がいた。

そして徐々に人数が増えてきて、日の出10分前には30人程が歩道橋の上に集まり、賑やかになった。

 

徹夜でバカ騒ぎしたであろう若者グループや

いつものジョギングの途中で日の出を見に来たセレブ女性や

そこら辺によくいそうな中年男性 等

 

みんなそれぞれの人生があり、それぞれ思うところがあって、この場所に引き寄せられた。

おそらくもう二度と会うことはない人達だが、みんなの幸せを心から願っている・・・

と、素直に思えるのが朝の不思議なところ。

 

日の出5分前。

東に見えるビル群の背景がオレンジ色に染まってきた。

が、太陽はまだ姿を現さない。

どこから出てくるのだろう?

 

油断してスマホを見ていたら、

「きゃ~!」と歓声が沸いた。

KIMG0062

やはり日の出は良い。

何かが始まるワクワク感が得られる。

この気持ちを忘れないためにも、元旦に限らずまたここへ来ようと思った。

sponsored link



sponsored link